合気拳法

掌法流総合武術の合気拳法は戦国の時代、戦場で槍や刀等が折れたり使えなくなった場合自分の身体(拳、手刀、足刀等)を使い攻撃を受け相手の間接等を砕く技法です。

合気拳法は武道に必要な集中力・機敏性の育成に特徴があり、合気道に必要な当身技・突き・蹴り・打ち等を主体に行います。

また一般の空手道等とは違い、合気道と同様に気の流れを意識するより柔的な拳法です。

合気道と平行して練習するのが理想とされています。

合気拳法 合気拳法
合気拳法 少年部合気拳法

http://www.shohokai.com/jp/kenpou.html